漢方でなんとかしたい!

漢方の力であなたの悩みをなんとかしたい!!!

Q49 インフルエンザをなんとかしたい

インフルエンザが猛威を奮って来ました。ワクチンも不足がちなようですね。

ワクチンも有用な予防方法ですが、他にも洋の西東を問わず昔から病気の予防方法というのはありました。

中国医学で言う「未病を治す」という考えも予防を強調した考えです《内経》

未病先防は一般的には「養生」とか「摂生」と言われていますね。養生方法というのは

大きく分けると2つあります。

1)正気培養・体質増強

 正気というのは抵抗力、免疫力と訳せばいいでしょうか。《素問・刺法論》には

「正気が内にあれば邪はおかすべからず」という記載があります。身体が健康で抵抗力があれば外からの邪(病気にする様々な因子、温度、湿度、細菌、ウィルス、ほこり

化学物質・・・)は身体に入れないという意味です。

 では、身体をこのようなベストな状態にするにはどうしたらよいでしょうか?

注意すべきポイントは。精神・肉体・生活です。

《素問・上古天真論》では心はのびやかに楽しく安定させ貪らない心になるようにという助言が有ります。このような状態で身体を流れる気をスムーズに運行させることが

でき身体の機能は正常に保たれます。現代はストレスによる病気が多いのですが今の人達にとっても有益な助言です。

 気の流れといえば肉体を鍛えることも大切です。華佗は「五禽戯」という(虎・鳥・猿・熊・鹿の動作)を真似することで気や血液の流れを促進する運動を提案しています。「流れる水は腐らず」の道理です。今のジムで筋肉を鍛える運動とは違います。

太極拳のようなゆったりとした動きです。

 生活では一定の規則性が必要です。「飲食有節、起居有節、不妄作労、故によく

形(肉体)と神(精神)惧なり」です。飲食有節、起居有節は今のメタボ指導でも

言われることですね。

2)病邪を消滅して邪気の侵害を防止する。

 古代では蒼朮(オケラ)や雄黄(砒素)を燻蒸して消毒滅菌する方法がありました。古代は病原菌を運ぶ害虫が多かったのでこうした燻蒸する方法が有効だったのでしょう。30年前北京に留学していた時インフルエンザの季節になると看護師が病棟で黒酢の水溶液を噴霧していたのを思い出します。端午の節句になると雄黄酒を飲む習慣がありました。白蛇伝では白娘が許仙に端午節に雄黄酒を飲まされヘビの姿に戻ってしまいます。毒虫を媒介とする感染病は当時かなり深刻だったのではないでしょうか?

 現在では伝染病が流行るとよく「板藍根」が使われています。中国ではサーズや肝炎が流行ると皆さん板藍根を買い求め売り切れをおこすほどです。

 板藍根は中薬学では清熱解毒薬に分類され特に喉の炎症や腫れに効果があります。炎症をとる作用があるのですから「寒」という冷やす性質を持ちます。喉の痛みが強い場合は連翹と組み合わせます、連翹は金銀花と組み合わせると発熱が辛い初期の風邪に有効です。初期の風邪で熱が辛い、喉が痛いときには銀翹散(ギンギョウサン)と板藍根

を併用するといいですね。この組み合わせは初期の熱が辛い普通風邪のほかインフルエンザにも使えます。熱が炎症があれば冷やすと良いというのはわかりますが、ウィルスになぜ効くのでしょうか?これは中薬学の本にはあまり書かれていませんが、中薬大学で教授が講義してくれました。これは現代医学的な実験で板藍根には抗ウイルス作用があることが確認されているということです。ウィルスのような感染力が非常に強い病因子はすぐに身体の中に入り込みますので予防として使うことができるのですね。

 ただ中国では医薬品に分類される「板藍根」は日本では「食品」扱いになっています。お茶や飴として服用される場合、炎症のある局所への接触が長くなり有効なのですが、量は守るべきです。予防なら1日2回くらいが適当ではないでしょうか?

 うがい・手洗いの啓発ポスターをよく見ますが、これは衛生に注意する点から言って基本です。また不用意に病気が流行っている地域には行かないという病邪を避けることも意識しましょう。

 画像は中国の薬店です。板藍根が陳列されています。

f:id:matsuedo:20171216181902j:plain

 

Q48 線維筋痛症をなんとかしたい!

 レディガガさんが線維筋痛症であることを発表しましたが、この病気は全身に疼痛がありそのため睡眠障害、慢性疲労、抑うつ状態になってしまう大変苦しい病気です。

現代医学的には原因がよくわかっていません。日本では200万人以上の患者さんがおり

男性より女性の方は多く50代にピークがみられます。

 中医学的には筋のこわばり、痛みは血の不足と考えます。血が筋を営養するという理論があります。単に痛みは血行の不良というわけではなく血の不足が奥にあるのです。

黄帝内経素問という中国最古の医学書には[肝受血而能視、足受血而能歩。掌受血而能握、指受血而能摂]という記載があります。肝臓に血液が十分なればよく見える。足に十分に血液があればよく歩ける。手に血液が十分なればよく握れる。指に十分に血液があればよくつかめる。ということです。要は運動器官を支える筋に血液は必要ということです。

 養生としてはよく安静して血液を増やすことが大切なのでレディガガさんが活動を休養されるのは懸命です。

うちにも線維筋痛の患者さんがいらっしゃいますが、寒さが苦手で冷気に当たると痛みが誘発されるそうです。現在は血を増やし身体を温める漢方薬を中心に飲んでもらい症状は安定しています。

Q47 頚椎後縦靭帯骨化症をなんとかしたい!

 

 単なる「肩こり」ではなく最近は頚椎骨軟骨症、頚椎後縦靭帯骨化症と診断されている人が多くなりました。この病気は肩、首周りの筋肉が極度に緊張して凝るばかりか、神経が圧迫されて上肢の外側から親指・人差し指までのしびれや痛み、指先(中指・小指・薬指)のしびれ、痛み、握力低下、指の動きが不自由になる難病です。

 現代医学の治療では消炎剤、鎮痛剤、筋弛緩剤などの薬物療法、牽引、温熱、低周波などの理学療法やコルセットで首を固定させる装具療法、重症の場合には手術となります。

 結局のところ対処療法をしながら経過観察ということになります。

 中医学でも根治は難しいのですが、進行をできるだけ遅らせ、症状を緩和させることを目標にしていきます。まず筋や靭帯、骨を強化し、症状の誘発因子である冷えや湿度などを取り除く治療をします。現代医学的な治療に満足した効果が実感されていない方におすすめしています。

Q46 夏のだるさをなんとかしたい!

夏の脱力感、全身の疲労感というのはこの季節特別なものです。

暑さのために出る汗は皮膚の体温調節のための生理ですが、血液中の水分は濃くなり

身体に血液を送り出す心臓には負担になります。夏に動悸息切れが多いのはそのため

ですね。また汗とともにエネルギー(気)も外に出てしまうため疲労感はひどくなります。

状態としては水分と気の不足状態ということになります。対策としては日中、炎天下の外出は控える。水分の少ない血液は詰まりやすく脳梗塞、心筋梗塞を起こしやすくなりますので特にお年寄りは注意です。

漢方薬にも水分や気を足す夏バテで使いやすいものが幾つかあります。白虎加人参湯、

麦味参顆粒、清暑益気湯ですね。補中益気湯は温性であり水分を足す作用はないので

お勧めできません。

松江堂薬局 定例お茶会

 

中国、台湾の友人から来日のたびに高級なお茶をいただきます。

大事に飲みたいと思い簡単な工夫茶を習いました。日本の茶道とは違い気軽ではありますが淹れていて心が休まります。また揉む方もお茶のよい香りでリラックスします。

 うちに来られる患者さんはストレスが多い方が多いので少しゆったりしてもらおうと

お茶会をスタートさせました。5月27日のお茶会もいい感じででき次回からも以下の日程で行います。お時間が合えば是非おいでください。

 6月24日 土曜日 午後5時から30分

   今回はプーアル茶を淹れます。長い間寝かした発酵されたお茶でメタボ対策にも

   よいです。

 参加費 500円お土産付

 申込みは03-3681-0362 高橋まで

f:id:matsuedo:20140524014838j:plain

 

Q45 認知症をなんとかしたい!

 今日の朝イチで「クルミが認知症の予防によい」と紹介されていました。

中医学には「同じ形のものは同じ形のものを治す」という簡単な発想がありました。クルミは大脳に形が似ているので「健脳」の効果があると民間では脳を良くするために使われていました。例えば受験生ですよね。

形といえばクルミは脳の他に前立腺にも似ています。クルミの薄皮は渋みが有り渋みは

収斂させる作用があるので尿もれにも効果があるのです。またクルミの油は腸管を潤し

硬い便を出しやすくます。総合的にお年寄りのはいいですね。

 僕は以前からクルミの製剤を飲んでいます、認知症にはなりたくないですからね。

Q44  夏のワキガをなんとかしたい!

 ワキガが気になる季節になりました。日本人はあまり体臭のない民族でしたので

身体の臭いについてはかなり敏感です。電車の中で外国人が乗ってくると思わず

「うっ」と鼻に手がいくことがあります。当事者は気になっていない様子ですが

それはその臭いに嗅覚が慣れてしまっているからですね。やたら香水のきつい人が

いますよね。これもその人は香水の匂いに慣れてしまい嗅覚が麻痺してしまっている

からで、自分が匂いがわかるまでふりかけるようになるからです。

 日本人と外国人の体臭の違い、これは食習慣によるところが多いようです。肉が多い、香辛料をよく使う、油をよく使う食事が影響してきます。

 日本人の食習慣も以前と変わりました。揚げ物が多く野菜は少ないです。和食を食べtる機会は減りました。

 長い歴史の中で日本人の胃腸は野菜を消化吸収してきましたが肉や油で調理した揚げ物などは少なかったので、今の日本人の胃腸も油や肉の消化は苦手です。

 ワキガの成分は脂質やタンパク質、糖分、鉄、アンモニアなどの成分が含まれており、黄色や赤みを帯び、少し粘り気があるのが特徴で こうした状態を中医学では「湿熱」と言います。「湿熱」が体内で生じる主な原因は「肥甘厚味」な食事、つまり油っこくて または甘くって 味が濃い食事で、今の日本人の食事と一致します。

 ワキガの対策としては、脇をよく洗う、制汗剤を使うなどがありますがこれは生ゴミに消臭剤をかけるようなもので根本的な解決にはなりません。

 体内に溜まってしまった「湿熱」をきれいに取り去るようにしましょう。

 脇に湿熱が溜まった状態を肝経湿熱と言います。肝臓から巡航する経絡は耳や股間も通るので耳垢が溜まる股間が湿って痒くなるような症状もでるかもしれません。

 竜胆瀉肝湯を使い湿熱を取り去りますが、再びたまらないように食生活の見直し、

晶三仙+五行草のお茶で消化管をきれいにしておく養生も大切です。

 

 ☆お茶会のお知らせ☆

2017年5月27日(土)17:00から30分

ストレスフルなあなたに。台湾茶を工夫茶の作法で飲みましょう。

天津からのお茶うけもあります。

参加費 500円 

電話にてご予約ください 0336810362

f:id:matsuedo:20170513123750j:plain